外国人社長曰く「日本人は安くて優秀」

2015.01.09

中国からいらした社長さん。

日本法人を作るということで、オフィス探しにやってきました。

日本企業を相手にする広告制作系の会社を作って、創業数年。北京・上海で既に30名体制となり、日本に進出することになりました。

話を伺ってみると、頭の回転がとても速い。日本語も流暢です。

——「どうして今、日本法人を作られるのですか?」

私の質問に対して、彼は、大変穏やかな物腰で、言いました。

 

「言い方はあまりよくないですが、いま円安なので、日本人は安いから使いたい。日本人は安くて優秀です」

 

いまを好機に日本法人を設立するとのこと。

 

「日本人は安くて優秀」

 

パンチのある一言で、衝撃を受けました。

10年後、パワフルな中国人経営者の元で、緻密な日本人従業員が働くという構図は成り立ちそうですし、実はなんとなく想定していたのですが、もうその未来は目の前の現実になっているのだと痛感しました。

日本人経営者がうかうかしていると、優秀な日本人はどんどん取られちゃうのだろうな、それが大企業レベルに留まらず、中小・ベンチャーでも進行している。そんな事態だと身を以って知りました。

 

というわけで、パワフルな経営者目指して、頑張ります!

他の記事も読む