集中するって多分こんなこと。

2015.05.19

軟式硬式合わせると20年くらいテニスをやっているのですが、昔テニスを始めたときは「ミスったらどうしよう」と考えることがあって、先輩から「考えるだけ無駄だから辞めた方がいいよ〜」と言われて「なるほど、合理的だ!」と思ったが、実際その切り替えにはなかなか至らなかったものでした。

しかし、ある日急に出来るようになりました。なんで出来るようになったのかなあと今振り返るに、下記2点が出来ていました。

・練習試合をひたすらこなして場数を踏んでいく中で、自分のやりたい形を実現させていったこと

・ミスは当たり前だと思い、ミスを減らすための試合中の修正方法を覚えていくことで、試合中余計なことを考えないで、試合中の計画実行と修正のことだけ考えることが出来るようになったこと

結果、ミスという結果を気にしている暇がなくなり、常時プロセッシングしている=「集中している」という状態を創り出せるようになったのだと思い出したのでした。

「集中」というのは習得出来る方法なので、スポーツに限らず何事も、「やりたい形」を構想し、軌道修正の方法を模索するというのが大事なのかもしれません。

会社も思わぬ出来事、市場の変化はありますので、変化するボールに合わせて捕球方法を見直したり、ボールが変化してもしっかりしたフォームで打てるようフットワークを鍛えたりする必要があります。

他の記事も読む